広島裏ソウルフード? ホルモン天ぷら @ あきちゃん&みやさん食堂

広電にのっておりたったのは、福島町。


ここは広島B級グルメのひとつであり
広島住民の一部にはソウルフードともいわれる
「ホルモン天ぷら」の聖地。

というのは、むかし福島町、観音町には屠殺場が多くあり、
その時にでるホルモンを天ぷらにして食していたからだそうです。


その数あるホルモン天ぷらの1軒、
他人のお店とは思えない「あきちゃん」


201010101019964.jpg




お店は女性3名でキリモリしていて、
こぎれいな店内です。


メニュー

201010101019966.jpg


こちらは注文をきいてからホルモンをあげてくれるようで、
天ぷらができあがるまで、
おでんをいただいて待つことにします。



関西人にはびびってしまうほどの真っ黒くろすけの出汁色です。

201010101019982.jpg


201010101019975.jpg


醤油辛いんだろうな・・・・と思っていたら、
ベースの出汁(カツオ?)がきいていて、
醤油辛さはまったくなくて、おいしい♪


201010101019984.jpg

牛のバサ(肺部分)の上部あたり。
軟骨のような部分がありました。

新鮮なホルモンに
さらに丁寧に臭みやアクをとっているので、
独特な匂いやクセはなくて
食べやすかったです。



暫くすると、アツアツのホルモン天ぷらがでてきました。

201010101019978.jpg

ビチ(第3胃袋)、オオビャク(第4胃袋)、チギモ(脾臓)、白肉(ミノ)を
それそれ人数分^_^;
ホルモンそれぞれ人数分は多いと思う・・・という言葉虚しく
「喧嘩したらあかんから」と注文されました。



ホルモンはそのままでは噛み切れないので、
用意されている出刃包丁で一口サイズにきっていきます。

201010101019980.jpg


酢醤油に大量に唐辛子粉(風味だけで辛味はほとんどないです)をいれて

201010101019981.jpg

下処理を丁寧にしているので
こちらもクセなくいただけます。

酢醤油が油っぽさを緩和してくれるので、
思ったよりもたくさんいただけます。

しかしやはり後半苦しくなりましたが(だから多いっていったのだよ)
無事に完食!



その後もう一軒、
日曜日も営業しているというコチラにも・・・


201010101019986.jpg


2点セットはテーブルの上にすでにおかれていました。


201010101019988.jpg


メニュー

201010101019990.jpg


今度は白肉、オオビャク、チギモ、ビチ、ヤオギモ(肺)などの
各ホルモン部分を一つずつ注文。
こちらも注文をきいてから揚げてくれます。


201010101019994.jpg

「あきちゃん」と比べると
ホルモンがやや大きいですね。


しかしホルモンの2店の味の違いはよくわからず・・・
またでんがく注文したかったけど、
皆おなかに入らず次回訪問時に持ち越することにします。


さておなか一杯になったことですし、
少し広島町を散策するといたしましょう。


広島のソウルフードのひとつ、
ホルモン天ぷら堪能いたしました。


ごちそうさまでした。




あきちゃん
広島市西区福島町1-15-5
082-296-2821
11:00~14:00
17:00~21:00
木曜休


みやさん食堂
広島市西区小河内町1-8-14
082-296-6826
11:00~20:00
月曜休



ブログランキングに参加してます。
1クリックお願いします(^^)/
   
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カテゴリ |居酒屋・バール(264)和食(60)洋食(69)中華料理(162)イタリアン(80)フレンチ(58)エスニック料理(58)ワイン・ビール・日本酒・カクテル(120)スタンディング(164)食堂・カフェ(103)鮨・寿司(113)うどん・そば・ラーメン(100)焼肉(74)旅行(食事)(205)旅行(観光)(96)イベントいろいろ(168)