夢にまで見た聖地巡り  @ ゲーテハウス

空港からSバーンにのって、フランクフルト中央駅に。


RIMG0124_20120927002834.jpg



RIMG0129_20120927002945.jpg



RIMG0131_20120927002944.jpg



フランクフルト中央駅から、
街並みを楽しみながら目的地へ向かいます。




到着\(^o^)/


RIMG0223_20120927003549.jpg




再放送の度にずっと見ていて、
大好きなアニメ「アルプスの少女ハイジ」

はじめてこのアニメを見た時から、
アルプス、スイスの町、フランクフルトと、
登場する場所にいってみたいと思い続け、
そしてフランクフルトのクララの家のモデルになったのが、
この「ゲーテハウス」なのです。



ゲーテの父は宮廷顧問官、母はフランクフルト市長の娘と
当時の上流階級の自宅なので、
ゼーゼマン家のモデルになったのでしょう。




RIMG0224_20120927003548.jpg  外観



呼び鈴を鳴らすと、セバスチャンがでてきそうです。


RIMG0149_20120927003036.jpg  玄関



入ってすぐにある、振子時計は作品でも登場。
この時計で印象的なのは、
ゆうれいさわぎの時に、
真っ暗な屋敷で鳴り響いた事でしょうか。


RIMG0159_20120927003223.jpg  入口付近



1Fにあるのが台所。

お皿が並んでいる横に、地下室の井戸と繋がっているポンプがあります。

しかしこの当時、自宅で水がくめる設備があるのは
めずらしかったそうです。

ここは、ハイジがゼーゼマンさんにお水を汲みに行く時に登場しました。


RIMG0152_20120927003035.jpg 台所





台所横にある部屋は、「黄色の間」
その部屋の正面に飾られた肖像画の人物が  
若きヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ。


RIMG0160_20120927232105.jpg


RIMG0217_20120927003549.jpg


青の間


RIMG0157_20120927003139.jpg

当時の流行色の「青」が基調で使われています。




階段

1F~2F、2F~3F

RIMG0162_20120927003222.jpg



3F~4F

RIMG0193_20120927003442.jpg会談




4F~屋根裏


RIMG0192_20120927003442.jpg 最上階階段


フランクフルトについてすぐ、高いところにいけば山が見れるのでは。。。
と思ったハイジが屋根裏部屋にいくところで登場。




「赤の間」(ペキンの間)

重要な行事などに使われた特別な部屋だそう。

ここは、ハイジやクララの勉強部屋によく似ています。


RIMG0168_20120927003306.jpg 勉強部屋1




灰色の間(音楽室)

RIMG0163_20120927003222.jpg

中央にあるのは、ピラミッド・グランドピアノ。





3F

図書室(父の書斎)

約2,000冊の蔵書があり、
ゲーテの父親はこちらで顧問の仕事をしいていたそうです。
ここは、ゼーセマンさんの私室に似ています。

RIMG0178_20120927003350.jpg ゼーゼマンさん部屋







ドアでつながっている隣の部屋が「絵画小陳列室」
こちらは、本棚の裏に隠れていた秘密の部屋に似ています。
でも、ハイジがアルプスを思い出した絵はありませんでした。


RIMG0173_20120927003305.jpg 絵画部屋1



顧問官婦人の部屋

RIMG0176_20120927003304.jpg



コーネリアの部屋

RIMG0170_20120927003305.jpg




天文時計

RIMG0171_20120927232104.jpg

1746年に作られ
一番上に西暦と日付があらわされ、
文字盤の横には月の満ち欠けが表示され、
ゲーテのお気に入りの天文時計だったそうです。




4F



「人形芝居の部屋」

RIMG0180_20120927232104.jpg


RIMG0191_20120927232153.jpg

ゲーテが子供の頃におばあさんにプレゼントされた人形劇のセットの箱部分。




詩人の部屋

ゲーテの「若きウェルテルの悩み」等の初期作品が
この部屋で誕生したそうです。

RIMG0188_20120927003348.jpg



この部屋にあった机は、
ハイジがフランクフルトで使っていた机と似ていました。

RIMG0189_20120927003347.jpg 机ハイジ




隣接した部屋は、小展示室となっていました。

RIMG0186_20120927232154.jpg



中庭

RIMG0197_20120927003441.jpg 中庭1




RIMG0200_20120927232153.jpg 水井戸




写真撮影がOK(フラッシュは不可)だったので、
たくさん写真を撮らせてもらいました。


部屋に入るごとに、アニメのワンシーンが思い出されて
ウルウルしながら見学してました。



また、フランクフルト中央駅の
アルプスの少女ハイジが描かれた
1860~80年頃と変わらない外観を見て、
駅に降り立った時に感動しました。


フランクフルト駅内部1  フランクフルト駅外観



十数年来の念願の聖地巡りが遂にできて、
感動の観光でした。





ブログランキングに参加してます。
1ポチお願いします(^^)/
   
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいています。

私もハイジ大好きでした。
山へ帰りたいというシーンは何度見ても涙が出ます。
ゲーテハウスがクララの家のモデルとは初めて知りました。
写真とハイジのアニメの対比でまた涙が。。。
ハイジは日本が誇る名作アニメです。

いいお話をありがとうございました。

Re: タイトルなし

> MIKさま


はじめまして。
コメントありがとうございます。

厳密なロケ地取材(アニメでは初めてのことだったとか)
をしたという作品だけあって、
ゲーテハウスの随所に作品でみた箇所がありました。

作品との比較も子供の時から何十回とみていたので
どのシーンで見たのかだいたい覚えていました。

こうやって改めて見比べてみると、
そっくりですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ |居酒屋・バール(264)和食(60)洋食(69)中華料理(162)イタリアン(80)フレンチ(58)エスニック料理(58)ワイン・ビール・日本酒・カクテル(120)スタンディング(164)食堂・カフェ(103)鮨・寿司(113)うどん・そば・ラーメン(100)焼肉(74)旅行(食事)(205)旅行(観光)(96)イベントいろいろ(168)