アルザス蚤の市にいってきました

今回の旅行では、
ヒロエさんご夫妻のご自宅でホームステイをさせていただきました。


自宅へ向かう途中で食事をすませ、
早々に休ませていただいたおかげで、
時差ボケもなくすっきりと目覚めた翌日。



アルザスでのスタートは、
日曜日ごとにあちこちで開かれている蚤の市見物。


こちらでは、日曜日は観光地をのぞいて
スーパーも含めて休みのお店が多いらしい。

そのため皆様こうやって蚤の市に参加したり、
お天気よかったらBBQなどをして
のんびり過ごしているそうです。



お買い物をする前に
パンを販売している所があったので、
こちらで、朝食をいただきました。


RIMG0291_20120928001044.jpg


RIMG0292_20120928001044.jpg

チョコクロワッサンとカフェラテ。

正統フランスの朝食って感じです。


RIMG0288_20120928001045.jpg


RIMG0290_20120928001045.jpg



RIMG0294_20120928001043.jpg



RIMG0313_20120928001208.jpg



RIMG0300_20120928001127.jpg



RIMG0296_20120928001128.jpg


RIMG0295_20121012010542.jpg


RIMG0314_20121012010541.jpg


RIMG0293_20121012010543.jpg



個人でだしているブースや
業者がだしているブースなどいろいろ。


お値段も1€~、
お値段が釣り合わない場合は交渉して。


「C'est combien?」(いくらですか?)

「○ユーロ」


自分の設定金額より安くてもこれで買わずに、
とりあえず言い値よりも安い金額でもいいか聞いてみる。

少しこまったような表情で、

「○ユーロ、OK?」


OKといってくれたらそれで交渉成立だし、
ダメだったら、最初の金額で買うかあきらめるかの決断。


個人の方がだしている場合は、
無茶な値段さえいわなかったら
大概少しは安くしてくれるようです。


そうして手に入れたのがこの3点。


RIMG1537_20121003215200.jpg


RIMG1542_20121003215158.jpg


どれもオール2€。

早い時刻にいったので、
商品がたくさんあって、いい買い物ができました。


スフレンハイム焼きのベッコフ用鍋は
銀行の粗品だったみたいで、
ふたの後ろに銀行名がかかれているそうです。
(フランス語がわかるヒロエさん談)


RIMG1541_20121003215159.jpg


でもフランス語はよくわからないので
デザインとして見れてしまいます。
(外国人がびっくるするような漢字が書いたものを持っている感じ)


ココット器も新品だし、一人分だと使いやすい大きさ。


買い物をひととおり済ませて休憩です。




RIMG0306_20120928001210.jpg

左はふつーのビールですが、
右のビールは、ピコンビールというもの。

オレンジ果皮、リンドウの根、砂糖を配して作ったリキュールを
ビールで割ったもの。
こちらではよく飲まれるそうです。

苦味はほとんどなくて、甘かったです。



アルザスサラダ

RIMG0304_20120928001210.jpg

野菜ものが何もないのに、どこがサラダやねん!!

と思ったら

たっぷりチーズ、
魚肉ソーセージみたいなポークソーセージ
それにワインビネガーがかかっていたら
こちらではサラダというそうな(ホンマでっか!?)



ホットドック

RIMG0308_20120928001209.jpg


フランスパンにチョリソーをはさんだもの。

シンプルだけど、これがビールにあって美味しい~。



この日は明日からに備えて
蚤の市をのぞいただけで
午後からはのんびりといたしました。



ブログランキングに参加してます。
1ポチお願いします(^^)/
   
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ |居酒屋・バール(264)和食(60)洋食(69)中華料理(162)イタリアン(80)フレンチ(58)エスニック料理(58)ワイン・ビール・日本酒・カクテル(120)スタンディング(164)食堂・カフェ(103)鮨・寿司(113)うどん・そば・ラーメン(100)焼肉(74)旅行(食事)(205)旅行(観光)(96)イベントいろいろ(168)