ミシュラン1つ★店でお祝いの会 ~にぎり編~ @ 鮨まつ本

太刀魚

RIMG1899.jpg


身厚の太刀魚の表面は軽く炙っています。

身はフワフワで、
ネタの大きさに合わせているのか
一肌のシャリは少し大き目で、
心もちしっかりと握られています。




烏賊

RIMG1903.jpg


細かく包丁を入れることによって
剣先いかが、ねっとりと柔らかくなっています。

シャリは丸く、
白ゴマを少しまぜているので、
その風味が烏賊にアクセントを加えています。


烏賊は軽く塩もみされているのでそのままでいただきます。




クエ

RIMG1906.jpg




赤貝

RIMG1911.jpg



さより

RIMG1915.jpg

軽く〆られています。





RIMG1918.jpg

藁を使用して炙ることで、
じっくり優しく中に火がとおるそうです。




トロ

RIMG1920.jpg

口の中でとけていきました・・・





こはだ

RIMG1923.jpg

これもいい塩梅の〆具合です。




車海老

RIMG1929.jpg

さっとゆでられた車海老、
モッチリとした歯ごたえがなんともいえません。




RIMG1931.jpg



のどぐろ

RIMG1932.jpg

長崎産ののどぐろ。
軽くあぶって、ツメがぬってあります。




煮ほたて

RIMG1936.jpg



蒸穴子

RIMG1942.jpg

フワフワで口の中でとけていきました。




細巻

RIMG1945.jpg

雲丹と干瓢。






玉子

RIMG1947.jpg

甘くなく、出汁巻きのようでした。




あっという間の
至福の2時間でした。


ツマミやお鮨どれも見た目はシンプルなのですが、
どれも一手間、ふた手間も加えられており、
お鮨は、醤油につける必要はありませんでした。



また店内も装飾的な無駄なものはなく、
カウンターと椅子だけ、
禅やお茶の世界に通じる
余分なものを省いた美しさがありました。


しかし、目には見えない部分・・・
たとえばシャリについては
年配の方も多いので、
塩はなるべく控えていたり、
少量分を
随時奥の厨房からもってきていて、
お櫃に入ったシャリが
硬くなったりすることをさけていたりと
心配りを随所にされておられました。



店主も寡黙でありましたが
質問等には丁寧にお答えくださり



緊張と緩和が調和した
居心地良さがある中で
丁寧なお仕事をされたお鮨をいただき
大変満足いたしました。


美味しかったです。


ごちそうさまでした。





鮨 まつ本
西宮市樋之池町2-33
0798-74-5499
11:30~14:00 L.O.13:30
17:00~22:00 L.O.21:30
休 月曜 祝なら翌日





ブログランキングに参加してます。
1クリックお願いします(^^)/
   
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カテゴリ |居酒屋・バール(264)和食(60)洋食(69)中華料理(162)イタリアン(80)フレンチ(58)エスニック料理(58)ワイン・ビール・日本酒・カクテル(120)スタンディング(164)食堂・カフェ(103)鮨・寿司(113)うどん・そば・ラーメン(100)焼肉(74)旅行(食事)(205)旅行(観光)(96)イベントいろいろ(168)