犬山城下町散策

お城見学の後は、
城下町を抜けて駅に向かいます。

昔の長屋を改装して、
カフェやお土産物屋さんなど色々立ち並んでいるのですが、
こちらのお店一帯は閉店時刻が早いようで、
お城散策を終えた4時すぎにはほとんどのお店が閉まっていました^_^;



江戸時代の古い町屋やお屋敷がつづいています。

201001161060254.jpg

201001161060257.jpg

201001161060252.jpg

201001161060256.jpg

201001161060258.jpg




その中で開いていた旧磯部邸。
築150年呉服やお茶の販売を手がけた商家です。
  
この町屋の特徴はこの屋根!

201001161060274.jpg


周りのほかと違ってこの家だけが、屋根が内側にカーブしています。
「むくり屋根」と呼ばれるこの形は、
このあたりでも珍しくまた造るのに費用がかかることで
この商家の裕福さをかたっているそうです。


ここは中を公開されていたので、見学させてもらいました。


江戸時代は間口の広さで税金がかかっていたということで
間口は狭いですが、奥ゆき60メートルの「うなぎの寝床」になっています。
(土地209坪、建物面積77坪を誇っています)

こちらは無料で中まで公開しています。

201001161060262.jpg

201001161060265.jpg

201001161060266.jpg


201001161060268.jpg



さてさて日も暮れ始めたので、
本日のお宿へ向かうことにいたします。





ブログランキングに参加してます。
1クリックお願いします(^^)/
   
にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カテゴリ |居酒屋・バール(264)和食(60)洋食(69)中華料理(162)イタリアン(80)フレンチ(58)エスニック料理(58)ワイン・ビール・日本酒・カクテル(120)スタンディング(164)食堂・カフェ(103)鮨・寿司(113)うどん・そば・ラーメン(100)焼肉(74)旅行(食事)(205)旅行(観光)(96)イベントいろいろ(168)